サンタ株式会社

サンタの技術力

生産数量 一日最大約200万個

サンタの生産能力は、年間50億円体制を実現しています。この規模は、アイスクリーム生産工場としては、日本でも屈指の存在です。生産数量は、1日約200万個。工場は24時間稼動しています!大手食品メーカーを支える縁の下の力持ちとして、サンタは走り続けています。また、「生産設備の充実が最大の営業力!」と位置づけ、毎期の利益を設備に投資しています。近年では、環境に配慮した取り組みが中心となっています。また、バイターラインの増強も随時推進しています!

主要設備の紹介

冷凍機 冷凍能力 450冷凍トン(フロン)
ボイラー 蒸発量 4.8 t/h
廃水処理 活性汚泥処理 通常 620m³(最大 720m³)/日

設備能力

製造ライン 急凍製品 4ライン (愛産充填機)
バー製品 5ライン (12列バイター)
焼成ライン 3ライン
(トンネルオーブン18/20/24m)
仕込みライン プレート殺菌器 5000L/H×2基
エージングタンク38本 総量240,200L
フリーザー 9基 15シリンダー 1500L/h×11
1200L/h×2
800L/h×2
製品倉庫    3段移動ラック
棚数 800パレット(約96,000ケース)
1パレット120ケース換算

取り扱いアイテム 約100品目 焼菓子ラインがサンタの特徴!

 大手食品メーカーとの信頼関係が証明するアイテム数!現在約100品目の商品を生産しています!その中には開発室が提案して製品化された商品も数多くあれます!特に、開発室ではお互いの課題である秋〜冬場の新商品を企画し、メーカーに提案しています!そこには、焼菓子とアイスクリームを融合したサンタならではの強みがあります。アイスクリームの生産工場として、焼菓子ラインを3基も持っている企業は、珍しくそれがサンタの特徴でもあります!

主要製品

充填ライン モナカ、カップ、ソフト、クッキーサンド、ブッセサンド、シューアイス、ブロー容器詰め商品、業務用バルク品
バイターライン かき氷バー、クランチバー他各種キャンデー類
焼成ライン ブッセ、シュー、クッキー、カップケーキ